コープこうべネットの音声読み上げソフト対応ページへめーむの品番入力注文ページへ
コープこうべ

なるほど!ふとんのお手入れ

ふとんを長く快適に使っていただくために、
知っておきたいお手入れのポイントをご紹介。

ふとんを清潔に保つために。

人の汗を吸って湿ったふとんは、寝心地が悪いだけでなくダニの繁殖の原因にも。できれば毎日、少なくとも週に1〜2回は風通しのよいところに干して、気持ちのよい状態を保ちましょう。
ふとん干しは、湿気のない晴天の午前10時〜午後3時ぐらいまでの2〜3時間に。夕方まで干していると、逆に湿気を含んでしまいます。直射日光が当たると色褪せたり繊維が傷むので、カバーをかけて干すのがおすすめです。
また、両面交互に干せるとベストです。これは、寝ている間にかく汗がふとんの裏側に浸透するためです。

干し終えたら、たたかず、掃除機をかけるとダニやホコリが半減します。特に春先は虫が卵を産んだり、花粉症の心配もありますから表裏とも丁寧に掃除機がけをしてください。

以上のお手入れに加え、定期的に丸洗いや打ち直しに出せば理想的です。

ふとん丸洗い和ふとん打ち直し

ふとんをたたくのは逆効果。

ふとんをたたくことでダニやホコリがなくなると思われがちですが、たたいて出てくるホコリのほとんどが中わたのクズです。それどころか、ダニの死骸やフンがふとん表面に出てきて肌に付着し、それによりアトピー性皮膚炎やぜんそくなどのアレルギー疾患になる人が増えています。

中わたの種類と特性について。

中わたに使われている素材によって機能やお手入れ方法も異なります。
お使いのふとんの特性を知って適したお手入れをしましょう。

綿
最近では吸湿性に優れた木綿わたに、軽くてかさがあり、弾力性に優れた合繊をミックスした混合わたが一般的。
お手入れ方法
天気のよい昼間に2〜3時間かけて表裏を天日干し。ふとんたたきはわた切れの原因になるので使わない。干しても膨らみが復元しないときは、ふとんの
丸洗い」か「打ち直し」を。
羊毛
保温、吸湿、発散性に大変優れている。睡眠中に出す汗をよく吸い、外へ出すため、ふとんがじめじめせず健康的。
お手入れ方法
風通しのよい日陰に干す。日干しをする場合はシーツなどでカバーする。2年に1回程度、「丸洗い」に出すと理想的。長時間使用しない時は、必ず防虫剤を入れて収納。
羽毛
高密度に製織された生地を使っているのでダニが入りにくい。羽毛には高温殺菌処理がされ、中からダニが発生することもない。
お手入れ方法
頻繁に干す必要はないが、湿気の多い場所に長期間置くと表面にダニがつくので、日干しのあと掃除機をかけると安心。干す場合はカバーをする。ひどく汚れた場合は「丸洗い」に。

ニオイが気になる時は。

羽毛ふとん
羽毛についている脂肪分特有の臭いと、収納中にたまった湿気の臭いが混ざり合って不快な臭いが生み出されるようです。臭いの元である羽毛ふとんの空気を完全に抜く事で軽減できます。
羽毛ふとんを縦3つ、横4つに畳み、思いきり体重をかけて
空気を完全に押し出します。
3〜4回空気抜きを繰り返した後、天日で表・裏それぞれ1時間程度干します。
  • 平行に並べた物干し竿にM字型に干すと、風通しが良く、湿気や臭いが抜けやすくなります。
  • 生地の劣化を防ぐために、シーツ等をかけること。
  • 干す前に市販の脱臭スプレーを表裏にまんべんなく吹くと効果的です。
以上を2日間続ければ、ほとんど臭いは気にならなくなるようです。
羊毛ふとん
羊毛ふとんのニオイの原因は繊維の周りについた脂肪。産地や収穫時期などによって多少の差はありますが、全く無臭ということはありません。また、湿気を吸収したままにしておくと、表面に付着した脂肪がやや変色して悪臭の原因になることがあります。できるだけ陰干しし、たまに天日干しをしましょう。それでもニオイが消えない場合は、「丸洗い」を利用します。

収納時は防虫対策を。

ふとんを長時間収納する場合は、不職布などでつくられた通気性のよいふとん収納袋に入れて、防虫剤を入れておきます。特にウールの毛布や羊毛ふとん、綿ふとんは天然繊維ですから注意が必要です。カビやダニの発生原因になるので、通気性の悪いビニールやポリ袋は必ず外しましょう。
防虫剤

丸洗いで、リフレッシュ。

2年に1回程度は、ふとんを「丸洗い」に出しましょう。
ふとんの汚れや汗による塩分や雑菌を洗い流すことができ、ダニを死滅させ、糞は水に溶けてきれいになります。また、綿の和ふとんは打ち直しに出すことによって、膨らみを再生することが可能。打ち直しは敷きふとんで3年に1回、掛けふとんで5年に1回が目安です。

羊毛・羽毛のおねしょ対策。

おねしょふとんは、干すだけではシミやニオイが残ってしまいます。羊毛・羽毛ふとんは水はけがいいので、まず外したシーツの乾いた部分を使って、おねしょの水分を吸収します。次にふとんの下にバスタオルを敷き、上から霧吹きでたっぷりと濡らします。その上からバスタオルをのせて、足で踏みます。(足で踏むほうが力が入り、手で押すよりも効果的。一度でダメなら、バスタオルを交換して霧吹きから繰り返します。)そのあと、風通しのよい場所に干してしっかり乾かしましょう。おねしょパンツや、おねしょシートも上手に使ってあげましょう。
  • ご利用案内
  • 作業工程を見る
  • ふとんサービスQ&A
  • お客様からのご意見、ご感想

こんなにふとんは汚れています。

汗をかいて汚れたふとんには
ダニやホコリがいっぱい。
定期的に丸洗いしましょうね!

洗い始めの洗浄水 洗い終りの洗浄水
詳しく見る

なるほど!ふとんのお手入れ

季節やふとんの種類に合わせた
お手入れ方法をご紹介!

詳しく見る

お問い合わせはこちら

山一ふとんサービス

E-mail : refresh@yamaichi-web.co.jp
TEL : 0120-85-3032
(9:00〜17:00/土日祝除く)

  • お家もコープでキレイに コープのおそうじ
  • リフォームもおまかせ 住まいのコープ
  • お得なWEB限定品が満載! WEBマーケット
  • めーむのご利用はこちら 個人宅配・協同購入