食卓につながる産地のゆたかな環境づくりを応援[水産編]

(2018年7月)

コープこうべは、うなぎやもずく、
わかめなどが育つ環境づくり、
資源保護の取り組みを行っています。

環境を守り育てるよいサイクル「おいしく食べる→寄付する→海や川の環境が良くなる→元気に育つ」

うなぎの取り組み

コープのうなぎのご利用を通じて、
うなぎが育つための
環境づくりに協力します。
たとえば・・・・・

海に戻って産卵するうなぎを、増やすための取り組み

うなぎがすみやすい環境づくり

  • 河川への石倉かごの設置と、その後の調査
  • より効果的な放流手法の検討、試験など

親うなぎやシラス(稚魚)の
禁漁期間の周知徹底

  • ポスターなどの宣伝物の作成
宅配では

4月2回~8月2回を対象期間として
コープのうなぎ1点ご利用につき3円を寄付します

店舗では

4月20日(金)~9月2日(日)を対象期間として
コープのうなぎ1点ご利用につき3円を寄付します

1点当たり3円寄付します

コープのうなぎをご利用の皆さま、
ありがとうございます。

コープこうべのうなぎ資源保護募金のご報告

2015年度…1,035,027円/2016年度…818,865円/2017年度…1,081,959円

2018年度より、寄付先を「鹿児島県ウナギ資源増殖対策協議会に加えて
「愛知県養殖漁業者協会」への寄付を実施します。

※宅配供給の「CO・OP三河一色産うなぎ」分のみ

【うなぎ資源保護募金のご案内】

ただ今、宅配では専用品番を設けて募金へのご協力をお願いしています。

募金方法

募金期間

「めーむ」7月4回
注文締切まで承ります

110

宅配をご利用のeふれんず会員の皆さま

eふれんず会員の皆さまは
インターネットからでも
募金いただけます。

088099

▲こちらの品番をクリックしてください。
専用申し込み画面へ移動いたします。

注文書でも募金いただけます

品番088099と口数を注文書にご記入ください

もずくの取り組み

コープスのもずくの
ご利用を通じて、
サンゴの森が広がる
里海を守りたい。

沖縄県恩納村の地図

コープスのもずくのふるさと沖縄県では
恩納村漁業協同組合が、サンゴ礁を守り育てようと
サンゴの植付けに取り組んでいます。
コープこうべはこの取り組みに賛同し、2011年より
コープスのもずく1パックのご利用(夏季シーズン)につき
1円を、「サンゴの森づくり基金」として
恩納(おんな)村漁業協同組合に
お渡しする活動を続けています。

1パック当たり1円寄付します

海の仲間の、「生きる」を
支えるサンゴ。

サンゴは海の生き物に棲みかと食べ物を提供する、
海の生態系になくてはならない、大切な存在。
海産種の約25%がサンゴ礁に頼って生活していると言われています。

もずくの産地を訪問し、学ぶ活動も行っています。

(ラブコープニュース2017年7月号より)

もずくが養殖されている美しい海
コープこうべ職員産地研修の1コマ

2016年虹っ子
平和スタディーツアーin沖縄より

コープのもずくをご利用の皆さま、ありがとうございました。

コープこうべ
「サンゴの森づくり基金」のご報告

2011年度…297,277円(117)/2012年度…348,016円(143)/2013年度…406,967円(156)/2014年度…332,617円(130)/2015年度…291,745円(117)/2016年度…356,887円(135)/2017年度…356,887円(135)/※()内の数字はサンゴ植付け本数/2017年時点で累計915本の植樹をしました

予告

2018年度沖縄県サンゴの森づくり資金キャンペーンは、
8月1日(水)~10月31日(水)に実施予定です

※宅配・店舗とも対象となります。

1パック当たり1円寄付します

わかめの取り組み

おいしいわかめが育つ海を、
生産者さんといっしょに
守りたい。

岩手県宮古市田老の地図

CO・OP真崎わかめ、コープス芯付き塩わかめの生産者で
ある岩手県田老町漁協では、1992年から、きれいな海を
残すための取り組みとして植樹活動を行っています。

コープこうべもこの活動に賛同し、今年度より
対象商品のわかめのご購入で、1パックにつき3円を
同漁協に寄付するキャンペーンを実施いたしました。

コープこうべ職員による植樹活動への参加を含めて、
みんなの力で産地を応援していきます。

1点当たり3円寄付します

ご報告

2018年3月9日(金)~6月21日(木)で募金を実施させていただきました。

対象商品をご利用いただきました皆さま、
ありがとうございました。

※後日「きょうどう」等で募金のご報告をさせていただく予定です。

豊かな海は、豊かな山がつくる。

豊かな森林は、降った雨を落葉や土壌の中にいったん貯え、
川となって海に栄養たっぷりの水を供給します。
こうして森から海に運ばれた栄養は、海中の植物プランクトンを育み、
魚や海藻などが元気に育つ豊かな海を作るのです。

2016年、岩手県田老町漁協主催の植樹風景

コープこうべは産地のゆたかな環境づくりを応援しています。